新着情報

News

会社情報更新

2020.6.6

6月に入ると同時に鹿児島は梅雨入りしました。

塗装作業は戸建てやマンション、公共物は外作業で行う機会が多いので

「思うように作業が進まない塗装業者の涙の雨ではないか?」とぼやきが

出てしまいそうな日々です(涙)

さて、今回は橋の塗装で最近行う機会が多い剥離剤を使用しての施工紹介です。


こちらは施工前の写真になります。

こちらの橋は有害物質である「鉛」が混入されていることが事前調査で

確認されたため、鉛が外部に飛散しないように除去する方法として剥離剤を

使用して既存塗膜除去を行います。


こちらが実際に剥離剤を塗布している状況です。

剥離剤自体が非常に溶かす能力が高いため、間違って人体に付着しないように

作業員は完全防護したうえで作業を行っていきます。


こちらが剥離剤塗布後、剥ぎ取り作業を行った状況です。

黒く映るのは塗装する前の鉄の表面になります。

大部分が除去されており、細かく残っている部分は再施工を行います。

今後も増える傾向にある剥離剤の施工に対し、弊社では、現場に適した剥離剤の選定

安全に配慮した施工を心がけています。